相槌の仕方

相槌なんて簡単でしょ!?ただ、相手がしゃべっているのを頷いているだけで良いんだよ!なんて考えていたら、その人はたぶんその場限りの人になってしまうかもしれません。相槌は相手との阿吽の呼吸といっても良いでしょう。

軽はずみに考えていたらきっとあなたはもてないでしょう。例えば三人グループの中で一人がしゃべっていて二人が聞いているときになぜか目を向けているのが自分じゃなくてもう一人のほうだとしたらその時はまだまだ頷きの仕方や相槌がうまくないと思って良いでしょう。相槌は注目していると思わせておいて注目させるテクニックですので是非、習得しよう!!

相槌というのはそもそも相手が話している内容や意見や悩み事による相談について賛成・同意の意を示すものなのです。それは相手のことを認めるということですので、話をしているほうからして見れば大いに同意して欲しいものです。頷いているのにもかかわらず相手の目を見ていないまま、相槌をしたりしていませんか?

相槌しているつもりでも全然頷いていないように相手が捕らえられていたり、どこか携帯をいじりながら聞いていたりしていませんか?そんな態度の人にはあまり相談したくないと思うのが当然だと思います。相槌というのは相手の話している相談を集約している動きです、にも関わらず真剣に話したり相手を喜ばせようとしているのに簡単なうなづきでは話が冷めてしまいます。

だからこそ相手が話しているときの温度差をいち早く感じて察知しなくてはなりません。相手が非常に悩んでいたら真剣な表情で話を聞いてあげたり、相手が逆に楽しそうに面白そうな表情をしていたらそれについて興味を示してあげて利用しなくてはなりませんし、的確なアドバイスをしておかなくてはいけません。

バラエティ番組でもその場の雰囲気が楽しいからこそ盛り上がることは多いですし、色々と発想が生まれてくるのです。楽しそうな雰囲気であったり、相手が話しやすい雰囲気を作ってあげることが大切です。そういったことをしていくことで話しやすい相手!という印象に変ってきます。

人と話すときに聞きたい聞きたい!と思うような雰囲気を相手に与えることが何よりも重要です。それを表現するのがあいづちでもあります。この相槌さえうまくなれば聞き上手にもなりますし、男性からはモテル女性になります。

特に自分が話すのが苦手であれば相槌をスキルとして磨いていきましょう。

★まじめで安心の出会い★ ★若い人向けの出会い★ ★人気NO.1優良サイト★