褒め上手

日本の古くから『サルもおだてりゃ木に上る』という言葉があるようにどんな人間であれ褒められれば気持ちはよくなるに決まっております。社会に出てもグループの中に組するのであれば、太鼓持ちと皮肉をこめて呼ぶ人もいますが、それだけ相手の一挙手一投足のみて懐に潜り込ませることは非常に大変なスキルだと思います。

そして男性は女性から褒められるのが非常に嬉しく思うのは当然の心理といえるでしょう。ある意味男性は周りから褒められるために名誉であったり仕事を頑張ったりもするのです。つまり男性はどんな人間であれ偉ぶりたいのでしょう。

人間の本能的に組み込まれている集団心理の中で相手よりいい立場にいようと働くのは当然の心理です。それを女性が男性を褒めることは非常にモテ要素につながるのではないでしょうか?これは出会い系サイトでももちろん有効活用できることは間違いないです。

メールで相手を褒めるのも全然良いですし、対面でも男性を立てることができる褒め上手になれば『こんな女性は他にはいない!』と向こうから好きになってくれるようになることが多いでしょう。だからといって何でもかんでも褒めれば良いのか?と言われたらそうでもありません。人は褒められすぎても怒りを覚える事もあるということを頭に入れておかなければいけません。

適当に感情を込めずに言われているのではないか?と考えてしまい【安易におだてられるのと褒められる!】とはまた違ってきます。相手の反応の気分がよくなり、かつ嫌味にならない程度にする為にはちょっとしたコツとタイミングが必要です。

まず第一に相手の目を見て真剣に見る!これは絶対にはずせない第一条件でしょう。出来るのであれば、目がキラキラという表現になるようにすることが大切です。また、本当にすごいと思ったら何かしらの反応を無意識にするのです。手を合わせたりハッと息を呑むような表情をした方が良いでしょう。そして大げさな言葉で返さないように努めましょう。

ちょっと疑うぐらいの返し方でも良いでしょう。本当にそんなこと出来るのぉ~!って始まってからへぇ~本当にすごいんですねぇ~といった感情の起伏をアピールしてはいけません。

肝心なのは絶対に大げさな表現をしないようにしましょう。何故、ここまで人を褒めすぎて行き過ぎた行動には注意を促すかと言うとやはりそれだけリスクを生じるようなことになります。人は褒められすぎると逆に馬鹿にされていると言うことにつながりますので気を付けましょう。

褒められ慣れている人はそういった感覚も機微に反応してきますので嘘の言い方は怒らせますし、信用を無くしてしまう可能性もあります。本当に適当に感情に気持ちを込めて褒める時は褒める!と決めて相手に当たりましょう。

★まじめで安心の出会い★ ★若い人向けの出会い★ ★人気NO.1優良サイト★