頻度に強弱を

いきなりですが、自分が考える相手に対して最も仲良くなることと言えば何に当てはまりますか?相手とのメールをするときに大事なのは回数ですか?それとも質ですか?いいえ違います相手とメールをする上で大切なのは強弱が大事なのです。

たとえばオーケストラの音楽をコンサートで聴いているとしましょう。あまり体験しないことだと思います。しかし、それでも聞くまでは非常にウキウキして心が踊ります。

聞き始めが一番感動を覚えるのでしょう。本物の生の音が体に直接、波打ち体にズンズンと重くのしかかるのが非常に感動を覚えるでしょう。そして中盤になると心を落ち着かせるような音楽でちょっと脳を落ち着かせくれて、終盤は最も盛り上がり怒涛のごとく楽器の音の洪水となって届くようになります。

大体の人が想像以上の経験が出来て大満足だと思います。しかし、これがもし大体2時間近くのコンサートでなんの音楽の波や山場が無ければきっとあなたは比較的大きい音を聞いているにもかかわらず、あくびをしていることでしょう。

メールも同じようなものです。どんだけ怒涛のごとくメールが来たら速攻返信!を徹底してもそれは飽きてきてしまいます。相手からしてみればちょっと控えてよ!と思ってしまうかもしれません!同じように何回メールを見ても長文で来たら見るのに疲れてしまいます。

そして大事なメールとどうでもいいような文章との見分けがつかなくなってしまうかもしれませんね!これはメールの送り方として間違った方法といえるでしょう。大事なのは強弱をしっかりとつけて送ることが大切だといえます。

メールとはいえ、相手のテンションやその場の雰囲気が盛り上がっているのかをどうかは肌で感じるでしょう。文章を多く返すよりも何よりもスピード!逆にゆっくりとお互いのことを知りたかったり、悩み相談をしているときは長文を送ってみたりと強弱を付けることでメリハリが生まれるのです。

熱がこもっている時は頻繁に送って、ひと段落しても同じようなペースで送りたい気持ちをぐっと抑えましょう。慣れてくればその場を自分でコントロールする事もできます。わざとテンションをぐぅーとあげて話してみたり、逆にしんみりと話したりと送るようになれます。

人は刺激を常にもとめますのでその感受性を操作することで相手を飽きさせず自分も飽きないように出来ます。刺激を常に持たせるということは人間の脳の仕組み上不可能なことです。だからこそ強弱を付けるのがメールの送り方として最も大事なことです。

★まじめで安心の出会い★ ★若い人向けの出会い★ ★人気NO.1優良サイト★