ダブルバインド

ダブルバインドというメールの送り方を紹介します。実際に相手に対しての心理的に有効なメールの送り方・提案の仕方であります。少し専門的な言い方で気が引けるかもしれませんが、紐を解いてみると非常にやり方は簡単です。

ダブルバインドといってもインターネットで調べたら色々とあるかもしれませんが、出会いウォーズで紹介するテクニックは相手に対してまず一回で二つの選択肢を送ります。そうすると相手側とすれば意識がそのどちらかにしか考えれるなってしまいます。そういった状況を作るという心理効果を利用した手法がダブルバインドといいます。

具体的に見てみれば分かりやすいかもしれませんが、一緒にいるときにデートで『何か食べたい物はある?』って聞くと人によっては深く考えてしまうしまいます。

相手の意見も聞きたいからといって何でもいいという答えしかかえって来ません。好きなものを何だと聞いているにもかかわらず、答えが返ってきません。選択肢が広くなればなるほど逆に脳がうまく判断することが出来なくなって結局面倒に感じてしまい考えるのをやめてしまうのです。

しかし、できればこちらから相手を誘おうと思っていたりする場合であれば相手に喜んでもらいたいと思うのは当然のことですよね?ですのでこのダブルバインドという手法が非常に相手選択してもらう方法としては非常に有効です。「何か食べたいものある?」と大まかに選択肢をあげるのではなく、ある程度、こちらから絞ってあげた上で選択肢をあげるのです。

例を挙げるのであれば「ラーメンとパスタどっちが食べたい?」と聞けば相手はそのどちらかに優劣を決めるだけでいいので判断しやすいのです。これだけ?と思うかもしれませんが、相手の誘いたいときには非常に有効です。

『空いている日ある?』と聞くとどれを選択していいのか分からず基本的には空いているよ!と答えてじゃあこの日は?と聞くと都合よく空いていなかったりしますね?そうなるとお互いにテンションが下がってくるものです。

それよりも『○日と△日だったらどっちが空いている?』と聞いてみたらそのどちらか空いているのかだけ答えればいいですし、どちらも空いていなかったとしたら相手も罪悪感を感じて「×日だったら空いています」と何かしらの答えが返ってくるのです。

質問しているのに、相手を縛って誘導するのを心理用語でダブルバインドといいます。

メールの送り方としてかなり有効な手法ですので覚えておきましょう。

★まじめで安心の出会い★ ★若い人向けの出会い★ ★人気NO.1優良サイト★